トップ
病院案内
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

救命救急センター

救命救急センター 統括責任者 伊藤 重彦
救命救急センター センター長 木戸川 秀生

 市立八幡病院救命救急センターは、北九州市および近郊120万人を対象にした3次救急医療体制の中核施設です。多発外傷、心大血管疾患、脳神経疾患、呼吸器・消化器疾患、急性中毒などの重症患者を24時間365日受け入れています。また災害拠点病院であり北九州市災害医療救護計画に基づく医療コマンダー施設であるため、当院DMAT(Disaster Medical Assistance Team)を中心に災害活動にも積極的に参加しています。
 救急搬送傷病者の救命率向上のためには、メディカルコントロール体制の充と救急隊員の医療救護の質の向上は欠かせません。当院敷地内に設置されている北九州市消防局の救急ワークステーションと連携して、救急隊員の病院実習をはじめ、救急救命士のスキル向上のための救急車医師同乗実習を含めた教育・実習プログラムを実施しています。
 このように当院救命救急センターでは、重症患者の救命医療、災害時医療救護活動、救急救命士研修を3つの柱として地域に貢献していきたいと思っています。

救急車

救命救急センターの組織・機能

当院救命センターは併設型センターで、いくつかのセンターと協力して、一般医療機関では救命が困難な重症患者や、救命のために緊急の処置が必要な患者に対応しています。内科・循環器科、外科・救急科医師、小児科医師をはじめ、救急医療に関連する関連科医師、関連部署職員により、365日・24時間体制で急病者受入れを行っています。

救命救急センターの組織・機能

救命センタースタッフ

伊藤 重彦

院長
救命センター・災害医療研修センター 統括責任者
昭和53年長崎大学卒

木戸川 秀生

統括部長
救命救急センター センター長
平成元年 長崎大学卒

井上 征雄

救急科 主任部長
救命救急センター 副センター長
平成4年 長崎大学卒

関連リンク

救急科専門医研修プログラム

ページの上部へもどる