トップ
病院案内
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

臨床検査科

HP写真.png

診療科の概要

 臨床検査科は2018年秋より院内開設し、2019年より正式な標榜科としてスタートいたしました。現在常勤医師1名と非常勤医師4名で運営し、診療内容は臨床検査に関わる各種診断、検査、管理、コンサルテーション業務を主体に活動しています。病理診断に関する業務は産業医科大学第2病理学講座、生理機能検査は関連各診療科医師にご協力いただいています。
 また各種の検査結果に基づき院内の感染制御や医療安全業務に協力しています。

取り扱う主な疾患

  • 一般、生化学、免疫・輸血、血液に関わる各種検体の検査、診断及び管理等
  • 細菌、真菌及びウィルスに関わる同定、遺伝子解析検査等
  • 病理診断及び検査(生検、手術材料に関する病理診断及び病理解剖等)
  • 生理機能検査(心電図、超音波検査、肺機能検査、脳波検査等)
  • 上記検査に関する診断、コンサルテーション 

追加写真.png

診療科の特徴・取組み

 2018年に臨床検査の関わる医療法等の大きな改正が行われました。改正により各種検査に精度管理者を配置し、正確な検査を保証するとともに検査機器の日々の的確な管理が求められるようになりました。現在の医療においては、数年前と比べても疾患の細分化が進んでおり、治療はその細分化された診断に基づき行われます。検査機器もそれに併せて日々進歩し、正しい検査結果無くして正確な診断や治療は困難な時代を迎えつつあります。
 現在COVID-19により医療現場は大変厳しい状況に置かれていますが、当科は臨床検査技術課と共に、SARS-CoV-19ウィルス検査機器の運用、検査結果の判定に協力し、迅速で的確な診断が行えるように努めています。
 また、当院には多くの小児疾患患者が受診されています。そのため遺伝子疾患の診断は非常に重要な検査となります。さらに近年では悪性腫瘍を中心に遺伝子診断に基づく治療法の選択が主流になりつつあります。当科では、最適な医療を提供できるように各診療科に関わる遺伝子検査に積極的に協力しています。
 当科には日本臨床検査医学会及び日本病理学会専門医資格を有する常勤、非常勤医師が所属し、最新の知見を取り入れながら協力して検査診断業務に当たっています。

  臨床検査トピックス[PDF]

令和2年度 臨床検査科診療実績

検査項目 検査実績(検査項目数)
一般検査          139,964
生化学検査(含:免疫・輸血)          431,973
血液検査          181,845
生理検査         10,397
細菌検査(含:SARS-CoV-2検査)           19,968
時間外緊急検査         194,324
病理検査(生検・術材)          1,257(件数)
病理検査(細胞診)           970(件数)
病理解剖            2(件数)

医師紹介

臨床検査科主任部長
木村 聡(きむら さとし)ASK_8336-2.jpg

専門分野 臨床検査医学全般、腫瘍病態学、循環器病態学
資格・学会関係
  • 医学博士
  • 日本臨床検査医学会臨床検査専門医・臨床検査管理医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 労働衛生コンサルタント(保健衛生)
  • 日本病理学会学術評議委員
  • 日本臨床検査専門医会
  • 日本動脈硬化学会
  • 産業医科大学医学部非常勤講師
コメント 平成7年 産業医科大学卒

ページの上部へもどる