トップ
ご来院の皆様へ
病院案内
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

病院案内

病院の基本情報沿革

病棟医療センターのはじまり

明治6年4月、企救郡立の小倉医学校兼病院が設立されました。

これが現在の市立医療センターのはじまりです。

明治33年4月、小倉町の市制施行に伴い、小倉市が郡立病院を買収し、市立小倉病院として発足しました。その後、一時県立病院の時代もありましたが、昭和22年には小倉市立病院と改称、そして昭和38年2月、旧五市合併によって北九州市立小倉病院となりました。

昭和43年10月には九州で初めてがんセンターを付設し、高度医療の推進に努めてきました。

北九州市立医療センターの誕生

平成3年3月に本館が完成。同年5月から診療を開始し、さらに7月には名称も北九州市立医療センターとなり、北九州市立病院群の中核病院として位置づけられました。

その後、平成4年4月に感染症病棟の開設など、常に高質の医療を提供するため、ソフト・ハードの両面からその充実を図っています。

明治6年4月 企救郡立小倉医学校兼病院として開設
明治8年4月 企救郡立から小倉県立になる
明治9年4月 小倉県の廃止により福岡県立となる
明治10年3月 福岡県立小倉医学校兼病院廃止
明治11年9月 企救郡立小倉医学校兼病院として再開
明治31年1月 馬借町の現在地に新築移転
明治33年4月 小倉市制の施行により、小倉市立病院となる
昭和19年4月 病院施設を県に寄付し、福岡県立医学歯学専門学校付属病院となる
昭和22年7月 学制改革に伴い、再び小倉市立病院となる
昭和38年2月 北九州市の発足に伴い、北九州市立小倉病院となる
昭和43年10月 北九州市立小倉病院付設がんセンターを開設
昭和46年4月 厚生大臣指定の臨床研修病院となる
昭和46年10月 がんセンター専用病棟を開設
平成3年3月 小倉病院(総合基幹病院)新棟完成
平成3年5月 新棟での診療開始
平成3年7月 名称を「北九州市立医療センター」に改称
平成4年4月 感染症病棟を開設(許可病床50床)
平成4年8月 立体駐車場を開設
平成13年4月 別館の完成。脳神経外科・心臓血管外科・精神科(外来)を新設
平成13年6月 緩和ケア病棟を開設
平成13年12月 総合周産期母子医療センターに指定
平成14年3月 日本医療機能評価機構(一般病院種別B)より認定
平成14年8月 地域がん診療連携拠点病院に指定
平成15年10月 臨床研修指定病院に指定
平成16年3月 臨床研修協力病院に指定
平成20年7月 外来化学療法センターを開設
平成23年4月 地域医療支援病院承認
平成24年3月 日本医療機能評価機構Ver.6.0認定
平成24年5月 7対1看護基準算定開始
平成30年8月 日本医療機能評価機構Ver.1.1認定
平成31年4月 地方独立行政法人化
令和2年4月 地域がん診療連携拠点病院(高度型)に指定
ページの上部へもどる