トップ
ご来院の皆様へ
病院案内
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

総合周産期母子医療センター

基幹病院としてハイリスク症例を中心とした診療を行っています。

総合周産期母子6002.jpg

 2001年12月に福岡県より総合周産期母子医療センターの指定を受け、母性胎児部門(産科)・新生児内科部門(小児科)・新生児外科部門(小児外科) から成り立っています。病床数は母性胎児部門39床(母体・胎児集中治療管理室(MFICU)6床、一般産科病床29床)、新生児内科・外科部門27床(新生児集中治療管理室(NICU)9床と 一般新生児病床(GCU)18床)。
 北九州市とその近郊におけるハイリスク妊娠やハイリスク新生児の診断・加療について中心的な役割を担い、胎児要因や母体要因による母体搬送の受け入れ、緊急分娩や 異常分娩への小児科医の立ち会い、新生児外科疾患の手術などの診療を 24時間体制で行っています。

施設概要

産科病棟 母体・胎児集中治療管理室(MFICU) 6床
一般病棟 29床
新生児病棟 新生児集中治療管理室(NICU) 9床
新生児治療回復室(GCU) 18床



妊婦さんに向けた当院での新型コロナウイルス感染症に対する対策について

 新型コロナウイルス感染症の流行により妊婦さんは多くの不安や悩みをお抱えのことと思います。妊婦の皆様が日常生活で感染しないことが最も大事なことですが、総合周産期母子医療センターでは当院の感染症専門医や感染管理認定看護師を中心とする感染対策チームとともに様々な対策をとっております。
 妊婦さん、ご家族の皆様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、大切なご家族を感染から守るため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

入院時のPCR検査・抗原検査
 無症状であっても感染している可能性があるため、感染がわからないまま入院してお産になってしまうと、病棟で働く医療従事者は感染しないような装備で診療にあたっていますので大丈夫なのですが、生まれたての新生児や他の患者さんが感染してしまうリスクが生じます。
 当院では入院時にPCR検査または抗原検査を産科の入院患者さん全員に行って、産科病棟では新型コロナウイルス感染症の感染リスクがない状態を常に保つようにしています。 
 いずれの検査も鼻咽頭ぬぐい液を用いて自院で検査を行います。結果はPCR検査で当日の夕方、抗原検査では検体採取から約1時間で結果が判明します。抗原検査はPCR検査に比べて結果が早く得られるのが利点ですが、疑陽性(本当は感染していないが検査で陽性と出る)が一定の割合で生じます。ただ、抗原検査で陰性と判定されればPCR検査でもほぼ陰性であることがわかっています。費用は保険診療での検査となりますが、患者さんの自己負担はありません。

お産の立ち合いについて
 お父さんとその他のご家族の皆様は感染していないことがわかりませんので、お産の立ち合いはご遠慮いただいでおります。病棟のiPadを用いた「リモート分娩立ち合い面会」と言う形でお産の立ち合いを実施しております。
 詳しくは該当記事をご覧ください。

「総合周産期母子医療センターのリモート分娩立ち合い面会の利用について」[PDF]

赤ちゃんとの対面
 妊婦さんはPCR検査もしくは抗原検査の結果が出るまでは赤ちゃんを抱くことができません。感染妊婦から生まれた赤ちゃんはほとんどの場合感染していない状態ですので、妊婦さんが感染してないことがわからない限り、赤ちゃんとの接触により赤ちゃんが感染してしまう可能性があるからです。検査結果が「陰性」とわかり次第、赤ちゃんを抱っこしていただき、授乳も始めます。
 お父さんとその他のご家族の皆様は感染していないことがわかりませんので残念ながら病棟に入るのをご遠慮いただき、赤ちゃんに会えるのは退院後になります。
 断腸の思いですが、大切な赤ちゃんをウイルスから守る為の措置です。申し訳ございませんが更なるご理解とご協力をお願いいたします。

 その他、今後の状況によって、新たに制限やお願い等をさせていただく可能性がございます。

 新型コロナウイルス検査とお産の対応について[PDF]

ページの上部へもどる