トップ
ご来院の皆様へ
病院案内
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

総合周産期母子医療センター

基幹病院としてハイリスク症例を中心とした診療を行っています。

総合周産期母子6002.jpg

 2001年12月に福岡県より総合周産期母子医療センターの指定を受け、母性胎児部門(産科)・新生児内科部門(小児科)・新生児外科部門(小児外科) から成り立っています。病床数は母性胎児部門39床(母体・胎児集中治療管理室(MFICU)6床、一般産科病床29床)、新生児内科・外科部門27床(新生児集中治療管理室(NICU)9床と 一般新生児病床(GCU)18床)。
 北九州市とその近郊におけるハイリスク妊娠やハイリスク新生児の診断・加療について中心的な役割を担い、胎児要因や母体要因による母体搬送の受け入れ、緊急分娩や 異常分娩への小児科医の立ち会い、新生児外科疾患の手術などの診療を 24時間体制で行っています。
 周辺の産科医療施設の減少に伴い、2019年からローリスク妊娠の受け入れも行っています。

施設概要

産科病棟 母体・胎児集中治療管理室(MFICU) 6床
一般病棟 29床
新生児病棟 新生児集中治療管理室(NICU) 9床
新生児治療回復室(GCU) 18床
ページの上部へもどる