トップ
ご来院の皆様へ
病院案内
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

泌尿器科

hinyoukika_01.jpg

 泌尿器科は外科から独立した診療部門で、主に腎臓、膀胱、前立腺、そして男性の生殖器を専門的に診ています。
 当科では、地域がん診療拠点病院に認定されていることから、主にこの尿路・生殖器の悪性腫瘍(がん、肉腫)に対する診断、治療を行っています。腎臓、 腎盂、尿管、膀胱、尿道、前立腺などの尿路、および陰茎、精巣などの生殖器、その他に副腎、後腹膜の腫瘍などが対象になります。 近年の泌尿器科の領域における治療手技、治療薬の進歩はめざましく、当科でも、手術では腹腔鏡などの身体への負担を少なくした体腔鏡手術、膀胱摘出後の尿自排可能な新膀胱の造設、腎がんに対する腎機能温存を目的とした腎温存手術などを積極的に行っています。また、がんに対しての抗がん剤治療に関しても、腎がんに対しての分子標的薬、前立腺がんに対しての新規内分泌薬・新規抗がん剤の適応拡大に応じて積極的に導入し、進行がんに対しての予後の改善を目指しています。
 当科では、高度な治療を行うことを目標にするばかりに陥りがちな患者不在の診療にならぬように、正確な病状、考えられる治療法、治療実績や予後などを説明し、十分なインフォームドコンセントを得た上で、治療を選択・進めるようにしています。また、セカンド・オピニオンも積極的に行っています。

ページの上部へもどる