トップ
初診の方へ
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート
病院案内
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

診療案内

血液内科

患者さんとともに戦う環境が整っています。

ketsueki-geka_03.jpg
〇血液内科の特色

 当科の特徴は、造血幹細胞移植を積極的に治療戦略の中に取り入れていることです。造血幹細胞移植は、他の臓器移植と異なり、他人の免疫細胞が大量に移植されます。この免疫細胞の力を利用することで、抗がん剤が効かなくなった患者さんでも治療に導ける可能性があります。また、以下に述べるような移植方法の工夫により、これまで移植を断念していた患者さんでも治療が可能となってきました。一つが「ハプロ移植」と呼ばれる"HLA半合致"移植です。白血球の型であるHLAは完全一致が基本ですが、移植後の悪い免疫反応である移植片対宿主病(GVHD)の制御技術が進歩して、半分しか合わない親子間でも移植が安全に行えるようになりました。もう一つが、移植前の抗がん剤や放射線の量を調整した「ミニ移植」です。移植前の抗がん剤や放射線の量を年齢や体力に応じて調整することで、高齢者にも移植が可能となってきました。

ページの上部へもどる