トップ
病院案内
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療支援部

臨床工学課

 当院の臨床工学課には、臨床工学技士(国家資格)3名が在籍しています。臨床工学技士は、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストであり、チーム医療の一員として診療技術支援と医療機器管理業務を行っています。医療の進歩に付随して医療機器も進化の一途を辿る中、それらを使用した効果的な検査・治療が安全に行われるようにサポートしています。

臨床業務

各種血液浄化療法

 救命救急センターおよび小児救急センターを有し、なお且つ地域医療の中核を担う当院では、成人・小児・急性期・慢性期を問わず様々な病態に対して各種血液浄化療法を要す機会があり、臨床工学技士がその業務を担っています。

実施例

  • 持続的腎代替療法・・・持続緩除式血液濾過 など
  • 血漿交換療法・・・・・単純血漿交換,ビリルビン吸着,免疫吸着,C型肝炎ウイルス除去療法 など
  • 吸着式血液浄化療法・・エンドトキシン吸着 など
  • 血球成分除去療法・・・LCAP(白血球除去療法)など
  • 急性血液浄化治療装置
  • 胸水・腹水濾過濃縮再静注

急性血液浄化療法用装置急性血液浄化療法用装置

造血幹細胞採取

 血液のがんに対する治療の過程で、血液をつくる造血幹細胞の機能が失われ、血液細胞を作る事ができなくなったり、免疫不全に陥ったりすることがあります。「造血幹細胞移植」は障害された造血幹細胞を正常な造血幹細胞に置き換える治療です。2019年度より、小児の血液がん治療のチームの一員として、造血幹細胞採取時の技術サポートを行っています。

造血幹細胞採取

肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼術

「ラジオ波焼灼術」は肝臓の悪性腫瘍に対する治療法のひとつで、超音波で観察しながら経皮的に腫瘍組織に針状の電極を挿入し、ラジオ波帯域の電流を流して熱することにより癌を死滅させる治療です。2013年度より、当課で治療時の技術サポートを行っています。

肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼術

医療機器管理業務

 臨床工学課は、医療機器の安全な使用環境整備のための部署でもあります。各種医療機器の保守点検(使用後点検・定期点検)および修理を、医療機器メーカーとも協力して行っています。

保守管理機器例

  • 人工呼吸器
  • 除細動器/AED
  • 生体情報モニタ
  • 輸液ポンプ
  • シリンジポンプ
  • 深部静脈血栓症予防用ポンプ(フットポンプ)
  • PCPS(経皮的心肺補助装置)
  • IABP(大動脈内バルーンポンプ)    など
人工呼吸器 除細動器 AED 生体情報モニタ
人工呼吸器 除細動器 AED 生体情報モニタ
輸液ポンプ シリンジポンプ フットポンプ PCPS
輸液ポンプ シリンジポンプ フットポンプ PCPS
IABP
IABP

各種委員会・チーム医療

安全かつ効率の良い病院運営ために、院内には各種委員会や診療支援チームが存在します。臨床工学技士も医療チームの一員として所属しています。

所属部会・委員会

  • リスクマネジメント部会
  • 医療機器安全管理部会
  • 医療安全ワーキンググループ
  • DVT/VT予防対策ワーキンググループ
  • ICT委員会
  • 医療ガス安全管理委員会

所属診療支援チーム

呼吸ケアサポートチーム

ページの上部へもどる