トップ
病院案内
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

消化器肝臓病センター当センターの特徴

検査・診断

放射線科専門医、内視鏡専門医が毎日検査を行っています。

  • 専門医による画像診断(消化管造影、CT・MR、エコー、RI検査など)
  • 内視鏡専門医による消化管検査

治療

内視鏡専門医、消化器がん外科治療認定医、腹腔鏡手術技術認定医のもとで治療を行っています。

1.専門医による内視鏡治療 ・胃・大腸がんの内視鏡治療

  • 粘膜切除術(EMR)、ポリペクトミー、粘膜下層剥離術(ESD)、レーザー焼却治療など
  • 消化管出血に対する内視鏡止血・結紮術(食道静脈瘤破裂、消化性潰瘍出血など)
  • 閉塞性大腸癌ステント留置術
  • 胆道閉塞ステント留置術

2.専門医による消化器がん手術

  • 肝がん、膵癌、胆道癌、胃がん、大腸がんなど
  • 小児の固形がん

3.専門医による腹腔鏡手術(手術創が目立たない、きずの小さな手術)

  • 胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆石・総胆管結石、脾腫、膵腫瘍などの待機手術
  • 急性虫垂炎、癒着性イレウス、胃十二腸潰瘍穿孔、腹部鈍的外傷などの緊急手術

4.その他の良性疾患手術

  • ヘルニアなど

薬物治療

がん治療認定医、認定薬剤師、消化器病専門医の管理のもとで薬物治療を行っています。

(外来)がん化学療法 ・肝炎に対するインターフェロン治療、核酸アナログ製剤による治療、インターフェロンフリー経口治療、炎症性腸疾患に対する分子標的治療、免疫チェックポイント阻害薬

インターベンション

IVR指導医のもとでインターベンション治療を行っています。

がんに対するステント治療、ラジオ波焼灼治療、経動脈カテーテル治療など
消化管、腹部実質臓器出血に対する経カテーテル塞栓療法
腫瘍生検、膿瘍ドレナージなど

ページの上部へもどる