トップ
病院案内
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

循環器内科

当科の紹介

 当院循環器内科は平成4年4月に設立され、現在は、心臓、大動脈及び末梢血管の疾患を専門に診療を行っています。主な対象は、心不全、狭心症、不整脈、心臓弁膜症、心筋症等の心臓疾患や大動脈、肺動脈、四肢動脈等の血管疾患です。また、これらの疾患の原因となる高血圧や高脂血症等の生活習慣病の早期介入や予防にも取り組んでいます。

主な診療内容

(1)心不全へのとりくみ

 高血圧や心筋梗塞、弁膜症、不整脈等で心臓の働きが低下すると、息切れや動悸、手足のむくみ、呼吸困難等の症状が出てきます。この症状は、血液の循環がうまく行かなくなった状態であり、これを心不全と言います。特に、症状が急速に進行したものは、急性心不全と呼びます。
 北九州、特に八幡東区を中心とした地域は、全国的にも高齢化が進んでいます。この高齢化社会において危機感を抱いている課題は、心不全リピーターの増加です。この数年の傾向としては、急性心不全の入院患者(65歳以上の高齢者)のうち、5割強がリピーター症例でした。また、そのうちの6割が独居もしくは高齢者二人世帯でした。心不全の原因は多岐に渡りますが、高齢者の於かれた社会的背景にも問題が潜んでいます。そうした背景を踏まえ地域全体で患者さんを支援するため、当院では心不全センターを設立しました。

(2)心不全センターでのとりくみ

 当院では、心臓リハビリテーションの強化を図っています。心臓リハビリテーションは包括的ケアを骨子にしており、特に運動療法は薬剤抵抗性難治性心不全にも効果が期待できます。重症者や高齢者にも安全にリハビリを導入するために、全例で心肺運動負荷試験(CPX)を施行しています。

(3)動脈疾患へのとりくみ

 動脈硬化は、全身性疾患であり、下肢動脈や腎動脈も好発部位です。間歇性跛行のような症状に対しては、ABI検査や血管エコー検査を行い、動脈硬化の広がりや程度を診断します。症状がかなり進行している場合は、カテーテル治療を行います。また、下肢動脈については、血管外科での治療を必要とする場合もあります。

(4)不整脈へのとりくみ

 当院では、上室性頻拍症、心房粗動や心房細動等の頻脈性不整脈発作に対して、カテーテルを用いた電気生理学的検査及びカテーテルアブレーションを行っています。カテーテルアブレーションは低侵襲的根治療法として確立されており、不整脈の起源、回路を同定し、治療標的を的確に診断するために最新の3次元マッピングシステムを活用し、高い治療実績を上げています。また、徐脈性不整脈に対しては、ペースメーカー植え込み術を行っています。さらに、頭部、胸部、腹部、下肢等ほとんどのMRI検査が可能なペースメーカーを利用できるようになりました。当院は、このペースメーカーでMRI検査を行うための認可を受けており、メドトロニック社とセントジュード社のMRIペースメーカー使用患者に対してMRI検査が可能です。

(5)脂質異常症、肺高血圧症へのとりくみ

 生活習慣病の一つとして注目されている脂質異常症のほか、遺伝的な疾患である家族性コレステロール血症や混合型高脂血症等の難治性脂質異常症も治療しています。また、遺伝性もしくは膠原病や呼吸器疾患等に合併する肺高血圧症についても診断から最新治療まで行っていますので、原因のよく分からない下腿浮腫や呼吸器症状があれば、ご来院ください

医師紹介

副院長
浦部 由利(うらべ よしとし)

専門分野 虚血性心臓病、心不全、循環器疾患、ペースメーカー・ICDなど植込み型心臓治療器を用いた心臓治療
学会関係
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会認定医・指導医
  • 日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医
  • 日本心臓血管内視鏡学会認定医
  • 日本高血圧学会専門医
  • 日本心臓リハビリテーション学会指導士
コメント 九州大学 昭和55年卒

循環器内科主任部長
田中 正哉(たなか せいや)

専門分野 循環器一般、冠動脈インターベンション、心血管リハビリテーション
学会関係
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
コメント 産業医科大学 平成2年卒

循環器内科部長
池内 雅樹(いけうち まさき)

専門分野 循環器、虚血性心疾患
学会関係
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心不全学会
  • 心臓病学会
  • 日本睡眠学会
コメント 平成11年卒

外来スケジュール(原則予約制です)

 当院は少人数で外来とカテーテル検査や治療、救急医療を行っているため、外来は午前中の時間枠しかとれません。このため再診に関しては原則予約制としています。新患はこの限りではありませんが、紹介状や連携室への情報提供があると助かります。
 ペースメーカー外来(月曜日)では、当院でペースメーカー治療を行った患者さんの経過観察を行っています。
 肺高血圧症外来(水曜日、金曜日)では、主に原発性肺高血圧症を中心とした診療を行っています。
 脂質異常症外来(金曜日)では、家族性高脂血症等の難治症例に関する診療を行っています。

ページの上部へもどる