トップ
ご来院の皆様へ
病院案内
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

麻酔科得意分野及び対象疾患

手術部

当センターの麻酔の特徴として、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、腕神経叢ブロックなどの局所麻酔法を全身麻酔に積極的に併用しています。局所麻酔を併用することにより、患者が意識を回復されたあとも痛みの少ない快適な手術後を過ごすことが可能となります。

ペインクリニック

帯状疱疹痛・疱疹後神経痛(PHN)、三叉神経痛、頚肩腕痛、腰下肢痛、頭痛、癌性疼痛などの疼痛疾患に加え、末梢性顔面神経麻痺、顔面麻痺、四肢血行障害、複合性局所疼痛症候群(CRPS) などを主に治療しています。帯状疱疹に対しては、重症例では入院の上、神経ブロックを行っていますが、これにより急性痛の早期消失とPHNの発症予防を確実にしています。もちろん、疱疹後神経痛となって来院された患者さんでも、神経ブロックだけでなく内服薬、種々の鎮痛補助薬の点滴静注などで、日常生活に支障をきたさない痛みの程度となるよう治療しています。

ページの上部へもどる