トップ
ご来院の皆様へ
病院案内
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療支援部

リハビリテーション技術課

リハ集合写真.jpg

リハビリテーション技術課理念

患者様の目線に立ち、家庭・社会への復帰に向けた質の高いリハビリテーションの提供を目指します。

基本方針

  1. 患者様の主体性と自己決定権を尊重し、個々のニーズに応じたリハビリテーション・サ-ビスの提供に努めます。
  2. 常に最新の医療知識・技術を習得し、科学的根拠(EBM)に基づいたサービスの提供に努めます。
  3. 患者様から学ぶことを基本に人材育成に努めます。
  4. 個人情報に十分配慮し、患者様に有益な情報を最大限提供いたします。
  5. 地域との連携をとり、適切な施設への紹介を勧めます。

 「患者様の目線に立ち、家庭・社会への復帰に向けた質の高いリハビリテーションの提供を目指します」という理念の下、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を実施しています。周術期(手術前後)から終末期まで、様々なステージのがんの方に対して、リハビリテーションを実施している点が特徴です。また、外科・心臓血管外科を中心に術後呼吸器合併症の予防・早期離床を目指して、術前及び術翌日からの介入に取り組んでおり、離床の弊害となる痛みを軽減するための動作訓練や術後・加療後の発声・飲み込み(嚥下)の問題を予防・改善するために、作業療法士、言語聴覚士が早期から関わっていることも大きな特徴です。

ページの上部へもどる