トップ
ご来院の皆様へ
病院案内
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

肝臓内科得意分野及び対象疾患

 がん診療拠点病院として、肝細胞癌については、各種画像診断を駆使し 正確な診断を行い、治療方針を決めています。内科的治療としては血管造影・肝動脈科学塞栓術(TACE)、経皮的局所療法 (ラジオ波焼灼術=RFAやエタノール注入療法=PEIT)が中心となりますが、遠隔転移を伴う症例などに対しては、分子標的薬Sorafenibなどの全身化学療法や、放射線療法も行っています。症例によっては消化器外科に切除手術を依頼するなど、患者様や病変の状態によって治療方針を組み合わせる方針を採っています。

ページの上部へもどる