トップ
病院案内
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

感染対策研修センターCOVID-19プロジェクト

安全・安心のためのCOVID-19感染防御対応機器開発プロジェクト2020

 2020年2月以降、世界的流行に至った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)においては、多くの感染者、死亡者がでました。この間の医療機関の個人防護具不足は深刻で、医療現場に従事する医療スタッフの不安と負担は極限に達しました。現在、感染症は流行鈍化し、非常事態宣言の解除地域も広がっていますが、今後も流行再燃に備えた新たな準備が必要です。トヨタ九州自動車株式会社と北九州市立八幡病院感染対策研修センターは、今年4月に、安全・安心のためのCOVID-19感染防御対応機器開発プロジェクトを立ち上げ、新型コロナウイルスの飛沫感染防止対策の一環として、様々な感染防御対応機器の設計開発に努めています。今後はこれら機器の地域普及においては、製造支援をして頂ける企業の応援が必要です。本プロジェクトの趣旨に賛同して頂ける企業のご参加をお待ちしています。

安全・安心のためのCOVID-19感染防御対応機器開発プロジェクト2020

発起人代表

北九州市立八幡病院 院長・感染対策研修センター長 伊藤重彦

トヨタ自動車九州株式会社 代表取締役社長 永田 理

1.安全・安心のためのCOVID-19感染防御対応機器開発プロジェクト2020に係る企業支援の要請について

安全・安心のためのCOVID-19感染防御対応機器開発プロジェクト2020に係る企業支援の要請[PDF]

2.対面診療における飛沫感染対策に有効なスプラッシュプロテクションシールドの外観・特徴・機能について

安全・安心のためのCOVID-19 感染制御対応機器開発プロジェクト2020[PDF]

3.スプラッシュプロテクションシールド贈呈式(福岡県庁)

 「安全・安心のためのCOVID-19 感染防御対応機器開発プロジェクト2020」で開発されたスプラッシュプロテクションシールドの贈呈式が福岡県庁で行われました。プロジェクト発起人である当院の伊藤重彦院長とトヨタ自動車九州株式会社代表取締役社長永田理様から小川県知事に開発機器の贈呈が行われました。プロテクションシールドは、県内の急患センターへ配布されます。

シールド説明①.JPGシールド説明②.jpg


県知事挨拶.JPG

記念写真.jpg

COVID-19 医療対応のための個人防護具の安定供給体制構築プロジェクト

 「COVID-19 医療対応のための個人防護具の安定供給体制構築プロジェクト」福岡県担当の伊藤重彦です。本プロジェクトでは、全国の企業支援による個人防護具を、4月7日の非常事態宣言で指定された7地域において均等配布しております。地域医療機関の個人防護具の不足に対して、今後も企業からのご支援をお願い申し上げます。

COVID-19 医療対応のための個人防護具の安定供給体制構築プロジェクト

代表発起人

東京大学医学部附属病院 救急科教授 森村尚登

大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター 教授 嶋津岳士

大阪急性期・総合医療センター高度救命救急センター 救急診療科 部長 藤見 聡

日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター 教授 松本 尚

さいたま赤十字病院 副院長 清田和也

横浜市立大学市民総合医療センター高度救命救急センター 教授 竹内一郎

兵庫県災害医療センター センター長 中山伸一

北九州市立八幡病院 病院長 伊藤重彦

1.COVID-19医療対応のための医療従事者個人防護具に安定供給に関する緊急のお願い

COVID-19 医療対応のための医療従事者個人用防護具の安定供給に関する緊急のお願い[PDF]

2.4月配布内容

 4月は、RKB毎日放送株式会社から頂いたN95マスク960枚を北九州市内の感染者受入れ協力医療機関及び北九州市PCRセンターへ配布させて頂きました。

4月寄贈写真.jpg

3.5月配布内容

 5月に配布予定の個人防護具の写真を掲載しています。配布先は行政機関、地域医師会等と調整させて頂きます。

5⽉配布予定の個⼈防護具一覧[PDF]

5月配布①.jpg

5月配布②.jpg

 5月物品配布先

 北九州市医師会、遠賀中間医師会に対して、マスク、フェイスシールド等それぞれ約1,000個の個人防護具を配布させていただきました。お役に立てれば幸いです。

   〈北九州市医師会へ贈呈〉      〈遠賀中間医師会へ贈呈〉

市医師会.jpg遠賀中間医師会.jpg

4.6月配布内容

 北九州市で新型コロナウイルス感染症が増えています。6月は感染者数の多い北九州市内のコロナ対応協力医療機関へ配布します。(配布品の実物写真PDFあり)
 防護具が必要なご施設は、市立八幡病院事務局(担当:金本、小田)まで電話(093-662-6565)でご連絡いただき、下記の必要事項を記載した後、市立八幡病院事務局へFAX(093-662-1796)で申し込んでください。

  1. 施設名、担当者氏名、連絡先電話番号、FAX番号を記載
  2. 希望する防護具を記載(第3希望まで記載してください)

 なお、段ボール単位での配布になりますが、郵送は致しません。各ご施設から当院へ受け取りに来ていただきますので、よろしくお願いします。

6月配布予定の個人防護具一覧[PDF]

ページの上部へもどる