トップ
病院案内
ご来院の皆様へ
診療案内
医療関係の皆様へ
リクルート

診療案内

感染対策研修センターセンター長挨拶

伊藤院長写真.jpg
伊藤 重彦

 略歴
  北九州市立八幡病院 院長
  NPO法人KRICT 副理事長
  メディカルスタッフのための感染対策塾 塾長
  日本環境感染学会、日本外科感染症学会評議員 ほか
 


 北九州市立八幡病院 感染対策研修センターは、市立病院から地方独立行政法人へ移行したことを契機に、より自由度が高い環境で、北九州地域住民の皆さんの感染予防と健康管理を行うことを目的に設置されました。よろしくお願い申し上げます。

 地域感染対策の中核を担っている、NPO法人KRICTと一緒に活動しています。北九州地域の感染防止対策加算1・加算2施設50施設以上が参加するKRICTカンファランス事務局を担当しており、各施設から報告される耐性菌分離株数、抗菌薬使用状況などを集計、地域流行を監視しています。また、保険所や各施設からの要請により、多剤耐性菌、インフルエンザウイルス、ノロウイルス等感染症のアウトブレイクに対する施設ラウンドや相談対応を行っています。

 市内幼稚園で赤痢集団感染が発生したことを契機に、2015年から北九州市保健福祉局・教育委員会・消防局と共催で北九州市職員のための感染対策セミナーを開催しています。また、教育委員会・消防局と連携して、学校における熱中症予防対策キャンペーンを行っています。

 2019年には、本センターを事務局とする「地域感染予防と健康管理に関する懇話会」が設立されました。(1)地元企業、NPO法人、(2)保健福祉、学校教育、予防救急を担う行政部門、(3)高等学校、大学等と連携しながら、【産・学・官】が協働して、地域の皆さんの感染予防と健康管理のお手伝いができればと考えています。

 私たちはこれからも、地域住民の健康管理のために一生懸命活動してまいります。私たちの活動に、ご賛同とご支援を頂ける企業等を募集しております。よろしくお願い申し上げます。

ページの上部へもどる